腰部脊柱管狭窄症に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

医者

脱腸の治療

看護師

脱腸は鼠径ヘルニアとも呼ばれており、加齢による筋力の衰えなどが原因で発症し、太ももの付け根の箇所が腫れてきます。腫れている個所を手で押すと治りますが、症状が悪化すると強烈な腹痛に襲われます。鼠径ヘルニアが悪化すると命にかかわりますので、速やかに医療機関を受診することが必要です。痛みで歩行が困難な場合には救急車を呼んで、一刻も早く病院で治療を受けるようにします。症状が重い場合は外科手術が行われ、外科手術が成功すると鼠径ヘルニアは完治します。鼠径ヘルニアの外科手術では、バッシーニ法やメッシュプラグ法などによるヘルニア修復術が行われ、手術代の相場は15万円程度です。鼠径ヘルニアの手術は健康保険が適用されますので、3割負担の場合だと手術代は6万円程度になります。

症状が悪化した鼠径ヘルニアなどの脱腸の治療は、外科手術によって治療が行われます。外科手術ではメッシュプラグ法の人気が高く、多くの患者がメッシュプラグ法で脱腸を治療しています。メッシュプラグ法の人気が高い理由は、脱腸の最先端の治療法であるためです。メッシュプラグ法のメリットは、人工補強材を使用することによって、加齢による再発率を低く抑えることができる点です。加齢による再発率は1パーセントから5パーセントと非常に低く、従来法のバッシーニ法と比べると再発率は大きく低減しています。再発率が低いため長期入院をすることは不要で、日帰り手術をすることも可能です。メッシュプラグ法は優れた治療法であるため、日本ではメッシュプラグ法による鼠径ヘルニアの手術が主流になっています。