腰部脊柱管狭窄症に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

医者

あきらめないがん治療

ダブル効果

女性

がん治療の方法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療の3種類が主流でした。ここに加えて、近年第4の方法として注目されているのが、免疫細胞療法です。がんの発症、進行、転移には、免疫の衰えが大きく関係しています。つまり、この免疫力を鍛えることで、がんは抑えることが出来るのです。横浜クリニックは、免疫細胞療法を積極的に採用する医療機関です。ここで、免疫細胞療法について確認しておきましょう。免疫細胞療法とは、患者様自身の免疫細胞を体外で培養し、その後、体内に戻す方法です。最大のメリットは、抗がん剤治療などとダブルでがん細胞をやっつけることができる点です。そこで、横浜クリニックでは、既にかかっている医療機関の主治医と積極的にコミュニケーションを図り、がんと積極的に戦っていきます。そして、がんと戦って勝ちたいという患者様に人気の医療機関です。

免疫細胞療法のメリット

横浜クリニックで積極的に採用される、免疫細胞療法は、メリットが多い治療法です。まずは、患者自身の細胞を用いていることから、副作用がないことです。また、体内に備わっている免疫機能は、がん細胞と正常な細胞を見分けることができます。したがって、抗がん剤治療のように、正常な細胞を傷つけることはありません。むしろ、免疫を弱めてしまう抗がん剤治療などの弱点を補う方法となります。加えて、術後の生活の質を上げますし、転移や再発を抑えることも大きなメリットです。このように、免疫細胞療法はメリットが非常に大きい術式なのです。また、横浜クリニックでは、眠っている免疫細胞をも復活させる「高活性化NK細胞療法」という手段を採用しています。患者様への体力負担を極限まで減らし、最大限の効果を上げる方法です。がんに絶対勝ちたいという方は、ぜひ最新の免疫細胞療法に注目してみてください。