腰部脊柱管狭窄症に要注意|定期検診を忘れずに受けよう

医者

脱腸の治療

看護師

鼠径ヘルニアなどの脱腸の治療は、症状が悪化している場合には、バッシーニ法やメッシュプラグ法などによる外科手術が行われます。メッシュプラグ法は最先端の脱腸の治療法で、人工補強材を使用することによって、加齢による再発率を低く抑えることができます。

詳細

リスクを考えた治療選択

女性

難聴の原因の一つに聴神経腫瘍があります。治療には腫瘍の大きさによって、経過観察、放射線、手術が考えられます。手術よりも放射線が安全だと最近人気があります。また腫瘍が小さいうちは経過観察中に良くなることもあります。自分で納得できる治療法を選択しましょう。

詳細

あきらめないがん治療

女性

横浜クリニックでは、近年注目のがん治療法、免疫細胞療法を積極的に採用しています。副作用が少ない、術後の再発や転移のリスクを減らすなど、メリットの多い方法です。抗がん剤治療などとの相性もよく、並行すると、効率のよい治療ができます。がんに、絶対に勝ちたいという患者様は、ぜひ検討してみてください。

詳細

坐骨神経痛を改善する

現代人の多くが発症させている腰部脊柱管狭窄症は自然に完治しません。病院選びを慎重に行ない、治療を始めることが大切です。

加齢に伴い発生します

女性

人間の背骨の中には、脊髄と呼ばれる大脳とつながる太い神経の束が走っています。脊髄は、背骨を形成している椎骨の中央部にある脊柱管の中を通り、第一腰椎または第二腰椎まで達しています。そして、第一腰椎または第二腰椎以降の神経を馬尾神経と呼んで区別しています。腰部脊柱管狭窄症は、主に加齢に伴い発生します。腰部脊柱管狭窄症になると、腰椎の骨や椎間板、そして靭帯等が肥厚して馬尾神経やそこから分岐している神経根を圧迫するために、坐骨神経痛と呼ばれる臀部から脚部への痛みやしびれが起こるのです。腰部脊柱管狭窄症の初期の段階であれば、腰部を支えている筋肉を鍛えることで、坐骨神経痛を緩和させることもできますが、腰部脊柱管狭窄症を悪化させると治療のために手術が必要になることもあります。

手術による治療

腰部脊柱管狭窄症を発症し、臀部から脚部にかけての痛みやしびれがひどく、歩くこともままならないのであれば、坐骨神経痛を改善するために、手術を受けることも考えなければなりません。現在では内視鏡を使った手術が普及し、昔に比べると安全性が大幅に改善されています。しかし、手術をする腰椎には脊髄や馬尾神経が走っており、大きな後遺症が残ることから、失敗が許されない部位であることには変わりありません。ですから、信頼できる病院を探すことが重要になってくるのです。そのためには、インターネットの口コミ情報サイトが役に立つはずです。口コミ情報サイトにアクセスすれば、治療実績を豊富に持つ病院の評価を調べることができるのです。